宅配買取の特徴とメリット・デメリット!入金までの流れを解説!

宅配買取の特徴とメリットデメリット

宅配買取とは

  • 「店まで行く時間がないし面倒!」
  • 「重くてもっていけない・・・」
  • 「対面での買取が苦手」

といった方に利用される方法で、自宅からネットまたは、電話で申し込みをするだけで必要書類または宅配キットが送られてきます。

あとは品を入れて送り返すだけで、査定後に連絡があり、承諾後に指定した口座に入金されるシステムとなっています。

宅配買取のメリットとデメリット

一見ラクで、良い点しかなさそうな宅配買取ですが、悪い点もいくつかあるので、合わせて紹介していきます。

宅配買取のメリット

  • 店舗まで足を運ぶ必要がなく時間の節約に
  • 大量の品・重い品でも玄関まで運ぶだけでOK
  • 人に合う必要がないので気軽に依頼・キャンセルができる
  • 対応地域が広く全国に対応している店舗が多い
  • 24時間いつでも対応している所が多い

宅配買取のデメリット

  • キャンセルすると返信用の送料がかかってしまう
  • クーリングオフ制度が利用できない
  • 梱包と必要書類の記載が少し面倒
  • 入金までの期間に時間がかかってしまう
  • ワレモノの買取に向いていない

といった特徴があります。宅配買取の場合は簡単でラクなのですが、契約後には返却の保証がなく、キャンセル時には別途返送料がかかってしまうので、売る事を決めている品を送るようにしましょう。

宅配買取の流れ

1.申し込み

店舗のWEBページまたは電話から申し込みをすると、査定希望の品についての相談や、入金までの期間と流れを説明してもらう事ができます。

2.品物の発送

予約が完了すると後日、宅配に必要な書類一式が届きます。品物を送る際は型崩れして価値が落ちないように新聞紙などを詰めます。

最後に忘れないように「本人確認書類のコピー」と「記入を済ませた宅配査定書類」の2点も同封して送ります。

※【本人確認書類】:免許書・パスポート・健康保険証・外国人登録証のいずれか

※酒類・ガラス類・陶器類・骨董品などワレモノは査定できない可能性があります。

3.査定期間

発送してから到着後に査定期間が必要となります。平均で3~4日以内にしてもらえるので遅くても1週間以内にはメールまたは電話にて査定額の連絡がきます。

基本的に査定料や送料は無料ですが、「査定額に納得できない・値段が付かない」場合は返送料が必要となります。

4.指定口座へ振り込み

査定額に満足し承諾すると、ほとんどの店舗で即日指定口座に入金してくれます。断った場合はすぐに返却してくれ、必要のない場合はそのまま処分してくれる店舗もあります。

まとめ

宅配買取は依頼がラクで時間がかからない方法ですが、クーリングオフや返送時に送料の負担が必要なので、多少リスクがあります。

宅配、出張どちらも魅力的ですが、選び方としては「便利さで選ぶなら宅配買取」、「早さ保証で選ぶなら出張買取」がおすすめです。

>>出張買取のメリット・デメリットを見る>>持込買取のメリット・デメリットを見る