道中着・道行、アンティーク着物、反物の買取相場まとめ

アンティーク着物

タンスの中で眠ったままになっている着物はありませんか?

洋服が当たり前になった現代社会では、なかなか着物を着る機会も少なくなり、せっかく譲り受けても持て余してしまうことが多いようです。

また、高価な物であるということが分かっているからこそ、気安く着ることもはばかられ、着る機会が無くなってしまったというパターンも良く聞きます。

今回は、そんな着物の中でも特に持て余してしまいがちな、道中着・道行と言われるような着物のコート類、アンティーク着物と言われるような個性的、モダン柄の着物類、まだ仕立てる前の状態である反物にフォーカスし、これらを買取してくれる場所があるのか、買取の相場はいくらなのか、をご紹介したいと思います。

道中着・道行、アンティーク着物とは?

一般的な着物はよくご存じかと思いますが、道中着・道行という言葉は聞きなれない方が多いかもしれません。

道中着・道行は羽織と良く似ていて、着物の上から羽織る、いわばコート的な存在です。羽織は屋内に入っても、寒い時期ならばそのまま羽織ってても良く、いわばカーディガン的な存在。これに対し、道中着・道行は屋内に入った際には脱がなくてはマナー違反となりますので、コート・外套的な存在です。

また、アンティークとは本来100年以上前の物をアンティークと呼びますが、アンティークモダン、アンティークレトロなどといった言葉にも表されるように、少しレトロ感を感じるようなデザインの物に対して使われることの方が多く、アンティーク着物とは、古典柄ではない、変わった図柄の着物に対して使われる事が多いようです。

自分の持っている着物の種類がどれにあたるのか、見分け方は記事後半を参照してください。

道中着・道行、アンティーク着物、反物の買取相場は?

着物はそれぞれ生地や仕立て、使用頻度などに応じて買取価格が異なります。道中着・道行は使用頻度、アンティーク着物や反物ならばデザインで価格が変動することが多いようです。


道中着・道行の買取相場は100円~1,000円

道行

道中着・道行は未着用であったり、使用回数が少なく、大きめのサイズで状態が良いものであれば、ある程度の価格を期待できますが、着物を着るにあたり、必ず着なくてはいけないという物でもないため、よほど頻繁に着物を着る人以外には需要が薄いようです。

そのため、どうしても買取価格も低めになっていると感じます。


アンティーク着物の買取相場は100円から20,000円

アンティーク着物の女性

アンティーク着物の買取価格は500円~1.000円前後が多いようです。

アンティーク着物の特徴であるモダンなデザインなどは、反面着る相手を選んでしまう要素ともなり、需要範囲が狭まってしまうのが原因ではないかと考えられます。

アンティーク着物の中には、振袖や訪問着などで斬新な図柄を用いた物もあり、そういった着物が高値で買い取られることはあったとしても、基本的にはそこまで期待はできないもの、と思っていた方が良さそうです。


反物の買取相場は100円から3,000円

反物

反物は、巻物のように巻き上げられた着物を仕立てる前の布のことで、反物の「反」は、布類の長さを表す単位です。一反は、おおよそ一人分の着物を作るのに必要な約12m。幅が約34cmで長さ約12mの布が、巻物のようにくるくると巻かれています。

着物に仕立てる前の布ですので価値は織りや図柄に左右される程度で、あとは生地による違いとして正絹なのか木綿・麻なのか、などの区別があります。

道中着・道行、アンティーク着物の特徴

簡単にどんなものなのか分かる基準をご紹介しますので、参考になさってください。

  • 道行:衿部分が四角く開いている、和装用コートで、礼装にも普段着にも着用できる。
  • 道中着:衿部分が着物のようになっている和装用コートで、道行よりカジュアル寄り。
  • アンティーク着物:色使いや図柄が個性的で、古典柄ではない物。

外套は他にも雨コートや羽織などもありますので、一緒にまとめて買取専門店へ査定をお願いしてみてはいかがでしょか、

道中着・道行、アンティーク着物、反物を売る場合、どこへ持って行くのが良いのか

実際に買い取ってもらう場合、いくつかの選択肢があります。
それぞれメリットやデメリットがありますので、自分にあった方法を見つけてください。


フリマ・オークションアプリで売る

自分で着物の写真を撮影し、アプリなどを介してインターネット上で売る方法です。

しかし撮影、商品情報の記入、購入者とのやりとり、発送まで、すべてを自分で行う必要があります。

また、シミやほつれなどを見逃したまま出品すると、あとからクレームが入るなど、トラブルの原因にもなってしまいます。さらに、着物に関するある程度の知識も必要になると言えるでしょう。

ヤフオクやメルカリで出品する場合は、しっかりその着物をチェックし、万全な状態で出品しなければなりません。出品してからも、購入希望者が現れるまでお金に変えることができないので、すぐにお金がほしいという方には不向きな方法と言えるでしょう。


リサイクルショップ・着物販売店で売る

洋服を始めとし、様々な雑貨や家具・家電など総合的に買取してくれるリサイクルショップの中にも、着物の買取をしてくれるリサイクルショップがあります。

着物の買取をしてくれるリサイクルショップに持っていけば、売却は可能ではあります。しかし中には、外套は断るというショップもあります。

普通の着物よりも使用頻度が多いものの需要は少なく、買い取っても在庫になるだけというケースが多いためです。持ち込む前に、手持ちの着物が買取対象かどうか確認しておく必要がありそうですね。


着物買取専門店で売る

上記の方法以外で、特におすすめなのがネットの着物買取専門店です。宅配買取や出張買取をしてもらうことで、自宅にいながらにして着物を買い取ってもらうことができます。

自分のタイミングで買取の準備を進めることができ、さらにすぐにお金にも換えてもらえます。

なかなか店舗まで行く時間がない、まとめて着物を引き取ってほしいという方にもおすすめですね。

着物を買取対象としている業者、実際の買取実績を掲載している業者、手数料がかからない業者を選んで査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

着物の保存状態はもちろんのことですが、その産地、人気の柄、サイズが大きめなのかどうか、など細かい条件にも左右されながら着物の買取価格が決まります。実際にその着物を見てみないと、査定価格が出ない事も多く、価値の分かりづらい着物類は特に専門の方の鑑識眼にかかっていると言っても過言ではありません。

着物の買取相場というものはリサイクルショップのように10着で〇〇円、といった二束三文の話ではなく、実は人気の品だったりする可能性もあるので、着物の専門家である着物買取専門店に査定してもらった方が、実は高額で売れるという事が往々にしてあります。

着物を売る際には必ず、着物買取専門店で査定してもらうのがおすすめです。