小紋、色無地、古い着物の買取相場まとめ

小紋・色無地

親から譲り受けた着物を持て余していませんか?

着物を着る機会がなかなか無い、一人では着られない、最近はそんな方が非常に増えてきています。高価な着物とは言え、このまま持っていても場所を取るだけで宝の持ち腐れです。

正当な価値を判断し、買い取ってもらえたら良いと思いませんか?

今回は特に持っている方が多いと思われる着物の普段着、小紋や色無地など、古い着物について解説すると共に、これらを買取してくれる場所があるのか、買取の相場はいくらなのか、をご紹介します。

小紋、色無地、古い着物とは?

着物にも洋服と同じように、フォーマルな場所へ着て行く正装や、日常に着る普段着があります。今回ご紹介する小紋や色無地は基本的に日常的に着る普段着の部類に入ります。

小紋は総柄のワンピース、色無地は無地のワンピース、といった感じでしょうか。また、譲り受けた着物の中には種類が分からないもの、どれくらい古いものか分からないものが含まれていることも良くあります。

着物の買取専門店では、こういった普段着のような着物や、古い着物も買い取ってもらえます。

自分の持っている着物の種類がどれにあたるのか、見分け方は記事後半を参照してください。

小紋、色無地の買取相場は?

着物はそれぞれ生地や仕立て、使用頻度などに応じて買取価格が異なります。小紋や色無地は使用感や色柄で価格が変動することが多いようです。


小紋の買取相場は100~10,000円

小紋

小紋は着用範囲も着用年代も幅広く、江戸小紋などは礼装としても着用できますし、季節の花柄をあしらった柄ならお友達とのお出かけにと、幅広いシーンで活躍してくれます。

帯や小物使いでさらにコーディネートの幅が広がり楽しめるのも小紋の特徴で、何枚あっても困らない着物です。
そういった需要の多さから、一定の買取金額は期待できますが、反面、普段着であるので使用感や流行などにも左右される面があり、高級な着物と呼べるほどまでには行かないのが現状です。

着丈が大きめであったり、保存状態が良いもの、また江戸小紋と呼ばれる礼装にも着用できるような小紋であれば、ある程度の高額査定が期待できそうですね。

色無地の買取相場は500~50,000円

色無地

色無地は単色の着物なので、パッと見た感じではシンプルな着物ではありますが、合わせる帯は名古屋帯から袋帯まで締められるので、紋を入れることで格が上がり袋帯でフォーマル場や、お茶会で着られ、紋を入れないと名古屋帯をしてカジュアルな場やショッピングに着て行けるのでたいへん重宝します。

そのため、需要もそれなりにあり、また地紋と呼ばれる、生地を織ってつくる模様が入っているものなどは技術面でも高く評価されます

紋の有無や数などで活用の幅が変わってくるとはいえ、幅広い年代で着ることができるので、相応の買取相場となっているようです。

高額買取の例

小紋では、正絹で作家物の江戸小紋が50,000円、無名でも状態が良く、幅広い年代で着られそうな紋様のものが10.000円台。
色無地では石川県の無形文化財である牛首紬の色無地が800,000円、人間国宝 久保田 一竹作の辻が花染の色無地が980,000円と高額買取の例として見受けられました。

小紋にしろ色無地にしろ、状態が良いのはもちろんですが、色柄が奇抜すぎず現代社会に着ても遜色ない方が当然需要も多く高額買取に直結していると言えるでしょう。

査定ポイント

では、どのような着物が高額査定につながるのか、ポイントをご紹介します。

小紋 着丈が十分ある / 使いやすい色柄 / 作家もの / 江戸小紋
色無地 着丈が十分ある / 使いやすい図柄 / 作家もの / 伝統工芸

上記にあげたのは一例であり、全てではありませんが、お手持ちの着物がどのような状態なのか確認するのにお役立てください。

小紋、色無地の特徴

簡単にどんなものなのか分かる基準をご紹介しますので、参考になさってください。

小紋 「染めの着物」と呼ばれる後染めの着物の一種で、白生地に「型(かた)」と呼ばれる柄の型紙を使って、全体に柄を染め出した着物をさします。
小紋は種類や数が最も多い着物のひとつで、武士の裃(かみしも)の柄に由来する「江戸小紋(えどこもん)」のように、ひとつのブランドのように確立されている柄から、ポップな柄まで含まれています。
色無地 柄がない一色の黒以外の着物を指します。正絹から化繊までさまざまな素材でつくられたものがあり、地紋と呼ばれる布地自体に柄を入れていることも多いです。

小紋、色無地、古い着物を売る場合、どこへ持って行くのが良いのか

実際に買い取ってもらう場合、いくつかの選択肢があります。それぞれメリットやデメリットがありますので、自分にあった方法を見つけてください。


フリマ・オークションアプリで売る

自分で着物の写真を撮影し、アプリなどを介してインターネット上で売る方法です。しかし撮影、商品情報の記入、購入者とのやりとり、発送まで、すべてを自分で行う必要があります。

また、シミやほつれなどを見逃したまま出品すると、あとからクレームが入るなど、トラブルの原因にもなってしまいます。さらに、着物に関するある程度の知識も必要になると言えるでしょう。

ヤフオクやメルカリで出品する場合は、しっかりその着物をチェックし、万全な状態で出品しなければなりません。

出品してからも、購入希望者が現れるまでお金に変えることができないので、すぐにお金がほしいという方には不向きな方法と言えるでしょう。


リサイクルショップ・着物販売店で売る

洋服を始めとし、様々な雑貨や家具・家電など総合的に買取してくれるリサイクルショップの中にも、着物の買取をしてくれるリサイクルショップがあります。

着物の買取をしてくれるリサイクルショップに持っていけば、売却は可能ではあります。普段着物として使用頻度が多い分、使用感も顕著で、買い取っても痛みが気になるケースが多いためです。

持ち込む前に、手持ちの着物が買取対象かどうか確認しておく必要がありそうですね。


着物買取専門店で売る

上記の方法以外で、特におすすめなのがネットの着物買取専門店です。宅配買取や出張買取をしてもらうことで、自宅にいながらにして着物を買い取ってもらうことができます。

自分のタイミングで買取の準備を進めることができ、さらにすぐにお金にも換えてもらえます。

なかなか店舗まで行く時間がない、まとめて着物を引き取ってほしいという方にもおすすめですね。着物を買取対象としている業者、実際の買取実績を掲載している業者、手数料がかからない業者を選んで査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

小物や色無地の着物は需要も高く、その色柄や、人気のデザイン、サイズが大きめなのかどうか、など細かい条件にも左右されながら着物の買取価格が決まります。実際にその着物を見てみないと、査定価格が出ない事も多く、価値の分かりづらい着物類は特に専門の方の鑑識眼にかかっています。

お手持ちの小紋や色無地の着物も、実は人気の品だったりする可能性があるので、着物の専門家である着物買取専門店に査定してもらった方が、実は高額で売れるという事が往々にしてあります。

着物を売る際には必ず、着物買取専門店で査定してもらうのがおすすめです。