作家もの・伝統工芸品の買取相場まとめ

訪問着‗絵羽模様

洋服にもさまざまなブランドがあるように、着物にも有名ブランドがあり、著名デザイナーがいます。

中には無形文化財となった技術や人間国宝となった作家さんもいて、その価値は相当なものです。今回は着物における有名な産地、作家さんをご紹介し、また買取相場について解説していきたいと思います。

伝統工芸品

ご存じの通り、着物は日本に古くから伝わる民族衣装です。

日本各地でさまざまな技法を凝らし、染め物や織り物として発展してきた日本独自の文化と言えます。 伝統工芸品とは国や地方自治体より指定されるもので、高度な技術と経験があり昔から伝わるその地域の名産品を指します。

着物の中にもこの伝統工芸品と呼ばれるものが多くあるのですが、特に有名なのは紬・友禅・上布でしょう。


紬とその買取相場

結城紬の買取相場は~10万円

結城紬

普段着に使われることの多い紬は、結城紬や大島紬、塩沢紬などが有名です。

産地によってそれぞれ特徴があり、結城紬は茨城県と栃木県が主な産地で、日本最古の絹織物とも言われています。

黒や藍色など落ち着いた色が多いのが特徴で、模様が小さいほど作るのが困難で技術が必要とされており、価格も高価になります。

結城紬数千~10万円
本場結城紬8万~10万円

大島紬の買取相場は~10万円

大島紬

鹿児島県奄美大島が産地である大島紬は、光沢があり軽くシワになりにくいのが特徴の着物です。

染め方の中でも泥染めは黒褐色の深みのある色が出ますが、白大島と呼ばれる、薩摩焼の白薩摩という磁器で使用される粒子の細かな土で揉みこんだ白泥で染める大島紬はさらに希少価値が高く、高額査定となります。

新潟県南魚沼市の塩沢紬は、先染めの平織による絣織物で、たて糸に生糸や玉糸を、よこ糸に真綿の手紡(つむ)ぎ糸を使います。とても細かい模様と薄手でやわらかいのが特徴とされています。

大島紬数百~10万円

友禅とその買取相場

買取相場は数千~10万円

友禅

友禅にもさまざまな種類があり、東京友禅、加賀友禅、京友禅があります。

東京友禅は一人の職人が下絵から仕上げまでを担当しており、粋なデザインが人気のものが多いです。 対して、京友禅は分業制が多いですが、すべての工程を一人で行う作家さんもいるようです。

京らしくはんなりと華やかで金箔や細やかな刺繍が多く使われているのが特徴と言えます。 加賀友禅は一人の職人がほぼ全ての工程をこなします。藍やえんじ、黄土、古代紫など古典色調を使いつつ鮮やかに仕上げていくのが特徴です。

東京友禅数千~十数万円
加賀友禅数千~十数万円
京友禅数千~十数万円

上布(じょうふ)とその買取相場

買取相場は3千~30万円

近江上布

上布は上等な麻織物です。暑い夏でもさらっと着られるのが魅力で、全国で生産されていますが、新潟越後地方の越後上布と沖縄県宮古島の宮古上布、滋賀県の近江上布が代表的でしょう。

伝統工芸品の着物は元々の希少価値があるので、高く査定してもらえることが多く、日本のみならず海外の着物コレクターからも、芸術的で繊細な模様や技術が人気高く需要があると言えます。

上布3千~1万円
越後上布、宮古上布~30万円

著名作家

辻が花

着物はその歴史の古さから、たくさんの名だたる作家を生み出してきました。 中でも人間国宝の域まで達した作家さんや、工房をご紹介したいと思います。


羽田登喜男とその買取相場

買取相場は数千~15万円

羽田登喜男といえば京友禅の第一人者で、人間国宝の一人です。

京都の庭園や自然を写し取ったかのような繊細で風光明媚な図柄が特徴的で、京友禅の世界に加賀友禅を融合させた独自の手法が人気です。


久保田一竹とその買取相場

買取相場は~30万円

久保田一竹は染色工芸家であり、辻が花の第一人者です。

15世紀後半~16世紀前半に失われてしまった辻が花と呼ばれる染色技法の復刻へ取り組み、一竹辻が花と呼ばれる辻が花技法を取り戻した偉人です。

久保田一竹の作品は宇宙の威厳とも光のシンフォニーとも評され、海外でも高く評価されています。 代表作の中には3億円の値がついた作品もあることで有名です。


松井青々とその買取相場

買取相場は~50万円

京友禅の第一人者である松井青々はたたき染めの技法で有名です。

植物由来の色素で布を染め、地の色には松竹梅などの縁起物を描いたうえで金箔を施した技法は青々調とも呼ばれ、華麗な作品として人気の作家です。

上記の作家だけでなく、現代では芸能人も着物をプロデュースしてることもあり、訪問着や振袖などのデザインを手掛けていることもあります。

作家さんが関わっている作品は、着物の裾部分を折り返したところや、衽(おくみ)の部分に印章などが入っていますので、確認してみてくださいね。

伝統工芸品、作家物の着物を売る場合、どこへ持って行くのが良いのか

実際に買い取ってもらう場合、いくつかの選択肢があります。 それぞれメリットやデメリットがありますので、自分にあった方法を見つけてください。


フリマ・オークションアプリで売る

自分で着物の写真を撮影し、アプリなどを介してインターネット上で売る方法です。

しかし撮影、商品情報の記入、購入者とのやりとり、発送まで、すべてを自分で行う必要があります。

また、シミやほつれなどを見逃したまま出品すると、あとからクレームが入るなど、トラブルの原因にもなってしまいます。さらに、伝統工芸品および著名デザイナーについてや、着物に関するある程度の知識も必要になると言えるでしょう。

ヤフオクやメルカリで出品する場合は、しっかりその着物をチェックし、万全な状態で出品しなければなりません。

出品してからも、購入希望者が現れるまでお金に変えることができないので、すぐにお金がほしいという方には不向きな方法と言えるでしょう。


リサイクルショップ・着物販売店で売る

洋服を始めとし、様々な雑貨や家具・家電など総合的に買取してくれるリサイクルショップの中にも、着物の買取をしてくれるリサイクルショップがあります。

着物の買取をしてくれるリサイクルショップに持っていけば、売却は可能ではあります。

ただし、リサイクルショップの買取担当者が必ずしも着物に詳しいとは言い切れず、正当な価値を認めてくれるかは分かりません。


着物買取専門店で売る

上記の方法以外で、特におすすめなのがネットの着物買取専門店です。

宅配買取や出張買取をしてもらうことで、自宅にいながらにして着物を買い取ってもらうことができます。 自分のタイミングで買取の準備を進めることができ、さらにすぐにお金にも換えてもらえます。

着物の買取専門店ですから、落款や印章のジャッジも的確で、どのような織り物か、誰が手掛けた着物なのか、など的確に判断してくれます。

着物を買取対象としている業者、実際の買取実績を掲載している業者、手数料がかからない業者を選んで査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

着物の保存状態はもちろんのことですが、その産地、人気の柄、サイズが大きめなのかどうか、など細かい条件にも左右されながら着物の買取価格が決まります。

実際にその着物を見てみないと、査定価格が出ない事も多く、価値の分かりづらい着物類は特に専門の方の鑑識眼にかかっていると言っても過言ではありません。

着物の買取相場というものはリサイクルショップのように10着で〇〇円、といった二束三文の話ではなく、実は人気の品だったりする可能性もあるので、着物の専門家である着物買取専門店に査定してもらった方が、実は高額で売れるという事が往々にしてあります。

特に高額査定を期待するのであれば、必ず証紙と共に着物の査定をお願いして、着物の専門店で買取してもらうのがおすすめです。