振袖、留袖、訪問着、付け下げ、喪服の着物の買取相場まとめ

振袖の女性たち

祖父母や親から譲り受けた着物。高価なものであることは分かっていても、なかなか着る機会もないし、このままタンスの中で眠らせておくのも…と考える方は多いようです。

そんな不要になった着物を買い取ってくれる、着物買取の専門店があるのをご存じでしたか?

今回は、特にフォーマル用の着物について、買取相場や査定ポイント、買取をしてくれるお店をご紹介していきたいと思います。

フォーマル用の着物とは?

この記事でいうフォーマル着物とは、下記を指します。

  • 振袖
  • 留袖
  • 訪問着
  • 付け下げ
  • 喪服

どれもフォーマルな場に着て行く「正装」と呼ばれる分類のものです。

とはいえ、自分の持っている着物の種類がどれにあたるのか、分からない方もいらっしゃいますので、見分け方は記事後半を参照してください。

フォーマル着物の買取相場は?

着物はそれぞれ生地や仕立て、使用頻度などに応じて買取価格が異なります。

フォーマル用の着物は元々その使用目的から、仕立てが良く高級なものが多く作られていることが多いので、買取価格も高めの値段を期待できるでしょう。

振袖の買取相場は10,000円~40,000円以上

振袖の女性

振袖の買取価格は、きれいな状態であることが前提ではありますが、ある買取会社では、中古で10,000円~40,000円、帯と襦袢(じゅばん)の3点セットの未使用高級品は50,000円~60,000円と紹介されていました。

成人式以外では着る機会が少ないため、状態がきれいなまま保存されていることも多く、また古典柄であれば流行の左右されずに需要があるため、値段もある程度期待できそうです。

留袖の買取相場は1,000円~5,000円

黒留袖の女性

留袖の買取価格は1,000円から5,000円程度です。

そもそも留袖というものは礼服ですから、生地や仕立ての良いものが多いのですが、反面家紋が入っていることで着る人が限られてしまったり、着る機会がなかったりと、応用の幅が狭いものでもあります。

それでも色留袖は華やかな柄ものもあり、振袖の代わりに着たり、パーティーに着たりと活躍の場があるので、黒留袖より色留袖の方が若干高めの買取価格がつく傾向にあるようです。

訪問着の買取相場は1,000円~30,000円

訪問着の女性

訪問着の買取価格は非常に幅広く、数千円から数十万円までと大きな差があります。

理由はさまざまですが、傷やシミのあるもの、柄が個性的すぎるもの、対象年齢が狭まってしまうものなどは低めになり、あらゆる年代、シーンに対応できる古典柄などは一定の需要があるということで比較的高めの価格設定となっているようです。

付け下げの買取相場は100円~40,000円

付け下げの女性

付け下げの買取価格は訪問着同様に幅が広く、数百円から数万円。

未婚既婚の区別がない着物のため需要も広くはなりますが、元々の価格も訪問着や振袖などに比べれば安価なため、スタート価格も低めになっているようです。

もちろん未使用品や高級な生地、精巧な刺繍、人気作家の作品であれば、高値がつきますので、証紙などをつけて買取をお願いするようにしましょう。

喪服の買取相場は300円~2000円程度

喪服は他の着物と比較しても金額は低めのケースが多いと言えるでしょう。

絹の喪服でも300円から700円程度、ほとんど未使用の状態で1,000円といったところです。素材や仕付けがある状態で高級なものによっては1,700円から2,000円程度になる可能性もあります。

帯や草履、バッグなども喪服一式としてそろっている方が、より高い買取金額になる可能性がありますので、そろえて持って行く方が良さそうです。

高額買取の例

振袖では、作家もので手書き友禅、袖丈などそろえてある襦袢に、色柄がそろっている帯を全てセットで100,000円前後の査定実績が見られました。

振袖単品、無名のものですと、10,000円から30,000円程度、老舗の呉服店などで仕立てている振袖は単品でも100,000円を超えるケースがあるようです。

また、本加賀友禅黒留袖が50,000円~、総京刺繍色留袖が30,000円~、辻が花の付け下げは20,000円~と、着物に使われている技法によってももちろん価格が変動します。

着物の買取価格は、実際の品物を見ないと決められないため、同程度の価格・品質の着物でも、保存状態やサイズなどの条件によって買取価格は変わります。より良い状態で保存されている方が、高額査定に結び付くのは言うまでもありません。

査定ポイント

では、どのような着物が高額査定につながるのか、ポイントをご紹介します。

振袖 着丈が十分ある / 華やかな色柄 / 作家もの / 振袖と袖丈の合った襦袢や、色柄の合った帯がセット
留袖 着丈が十分ある / おめでたい図柄 / 作家もの / 袖丈の合った襦袢がセット
訪問着 着丈が十分ある / 華やかな色、図柄 / 作家もの
付け下げ 着丈が十分ある / 華やかな色、図柄 / 作家もの
喪服 着丈が十分ある / 袖丈の合った襦袢や喪服用の帯、小物類がセット

 

上記にあげたのは一例であり、全てではありませんが、お手持ちの着物がどのような状態なのか確認するのにお役立てください。

フォーマル着物の特徴

一言で着物と言っても、その種類は細かく分類され、パッと見ただけでは分かりにくいものも中にはあります。簡単にどんなものなのか分かる基準をご紹介しますので、参考になさってください。

  • 振袖:未婚女性の第一礼装。成人式の時に着る着物でおなじみの、袖丈が長い着物です。
  • 留袖:既婚女性の第一礼装。結婚式で新郎新婦のお母さまや、仲人さんが着ていることでおなじみですね。
  • 訪問着:女性の準礼装。卒・入学式や結婚式、パーティーなどフォーマルな場に最適です。
  • 付け下げ:女性の略礼装。訪問着より少しカジュアルに寄りますが、こちらもフォーマル向け。
  • 喪服:女性の第一礼装。お葬式などの喪に服すシーンで使用される着物。帯や草履も喪服用のものがセットで揃えてあるのが一般的です。

ここで言うフォーマル用の着物というのは、浴衣とは生地からして違い、刺繍や彩色が細かくあったりなど、見るからに高そうな着物という印象を受けるとはいえ、着物の買取専門店の方にきちんと見ていただき、正確な判断と正当な買取価格をつけていただくのが一番です。

特に着物は見ただけでは分からない価値があるものも多く存在しています。しっかりと着物専門の方に査定をしてもらいましょう

フォーマル着物を売る場合、どこへ持って行くのが良いのか

実際に着物を買い取ってもらう場合、いくつかの選択肢があります。それぞれメリットやデメリットがありますので、自分にあった方法を見つけてください。

フリマ・オークションアプリで売る

自分で着物の写真を撮影し、アプリなどを介してインターネット上で売る方法です。しかし撮影、商品情報の記入、購入者とのやりとり、発送まで、全てを自分で行う必要があります。

また、シミやほつれなどを見逃したまま出品すると、あとからクレームが入るなど、トラブルの原因にもなってしまいます。
また、着物に関するある程度の知識も必要になると言えるでしょう。

ヤフオクやメルカリで出品する場合は、しっかりその着物をチェックし、万全な状態で出品しなければなりません。出品してからも、購入希望者が現れるまでお金に変えることができないので、すぐにお金がほしいという方には不向きな方法と言えるでしょう。

リサイクルショップ・着物販売店で売る

洋服を始めとし、さまざまな雑貨や家具・家電など総合的に買取してくれるリサイクルショップの中にも、着物の買取をしてくれるリサイクルショップがあります。

着物の買取をしてくれるリサイクルショップに持っていけば、売却は可能ではあります。しかし中には、着物の買取を受け付けていても喪服は断るというショップもあります。

家紋がかせになったり、お線香の匂いがついていたり、また普通の着物よりも需要が少なく、買い取っても在庫になるだけというケースが多いためです。また、二束三文でしか買い取らないというお店も多いため、損する事も往々にしてあるようです。

持ち込む前に手持ちの着物が買取対象かどうかも確認しておく必要がありそうですね。

着物買取専門店で売る

上記の方法以外で、特におすすめなのがネットの着物買取専門店です。

宅配買取や出張買取をしてもらうことで、自宅にいながらにして着物を買い取ってもらうことができます。自分のタイミングで買取の準備を進めることができ、さらにすぐにお金にも換えてもらえます。

なかなか店舗まで行く時間がない、まとめて着物を引き取ってほしいという方にもおすすめですね。さらに、着物買取の専門ですから、当然着物に対する知識も豊富。鑑識眼も確かなもので、しっかりと価値を判断してもらえます

着物を買取対象としている専門店の中でも、実際の買取実績を掲載している業者、手数料がかからない業者を選んで査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

どの着物にも共通して言えることですが、着物の買取価格というものは、その着物の保存状態はもちろんのこと、着丈や産地、人気の柄なのかなど細かい条件にも左右され、おおまかな買取相場はあるものの、実際にその着物を見ないと、実際の買取価格は分かりません。

着物の買取相場というものはリサイクルショップのように10着で〇〇円、といった二束三文の話ではなく、実は人気の品だったりする可能性もあるので、着物の専門家である着物買取専門店に査定してもらった方が、実は高額で売れるということが往々にしてあります。

新品同様のもの、仕付け糸がついたままのものは特に高額で買い取ってもらえる可能性がありますので、着物を売る際には必ず、着物買取専門店で査定してもらうのがおすすめです。