帯の着物の買取相場まとめ

振袖の袋帯

着物とセットで持っている帯ですが、一人で結ぶには大変だし、生地も重く保管が面倒です。頻繁に着物を着る機会もないのに、こんなに帯があってもなぁ…と思う方も多いことでしょう。

そんな帯もきちんとした価格で買い取ってくれるお店があるのをご存じですか?今回は帯について、高額買取のポイントや買い取ってくれるお店のご紹介をします。

帯にも種類がある

帯といっても、実はさまざまな種類があります。いちばんよく目にするのは浴衣などの時に使う半幅帯と、成人式などで振袖を着た際に使った袋帯でしょうか。

また、普段着などのカジュアルシーンに使える名古屋帯や、男性の細帯、子ども用の兵児帯(へこおび)などがあります。

自分の持っている帯の種類がどれにあたるのか、分からない方もいらっしゃいますので、見分け方は記事後半を参照してください。

帯の買取相場は~90,000円

実際の帯の買取相場はどれくらいでしょうか?買取金額をアップさせるポイントも含めてご参照ください。


買取価格のポイント

まずは状態が良いことが前提になりますが、帯は着物を着た際、いちばん外側にあることで当然汚れが付着しやすいのが難点です。また、着る際に何度も何度も手に触ることになりますので、手の油分が付着し、経年劣化でシミとして出ることも多く見られます。

帯を結んだ際のシワや、刺繍・織り糸を引っ掛けてしまった部分など、細かく見てみましょう。お太鼓柄と言われる、帯の外側に出る部分で折れ目がついてしまっているのも痛手です。

いかにきれいに保存されているか、が要点になってきますので、ご確認ください。


高額買取の例

帯は仕立てはもちろん、織り方、刺繍の有無、絵柄の付け方、伝統技法の用い方など多種多様な表現方法を持つ帯が存在しています。

買取の中心価格は、経年劣化によるシミ・シワが多いのが災いして、500円から8,000円が相場のようです。その中でも高額な買取の例として下記のような買取例が見られました。

  • 袋帯:西陣織、正絹、吉祥文様の刺繍、有名織物屋仕立て:90,000円
  • 袋帯:正絹、3代目 龍村 平蔵作、使用感あり:30,000円
  • 名古屋帯:正絹、人間国宝 羽田 登喜男作、少々難あり:20,000円

帯にもやはり流行の柄や、使いやすい・どんな着物にも合わせやすい帯、というものがあります。

また、お祝い事に使うことの多い袋帯は吉祥文様を始めとしたおめでたい柄が喜ばれるので、需要から買取価格が上がることもあるようです。

帯の特徴

代表的な帯の特徴をご紹介します。


袋帯

袋帯

表地と裏地を袋状に縫い合わせて作られていて、フォーマルな場に使われる帯。金糸や細かい刺繍、おめでたい柄を使った豪華なものが多い。


名古屋帯

名古屋帯

袋帯より簡単に締められるように、体に巻きつける部分があらかじめ半分に折った状態に作られている帯。袋帯より軽く柔らかくできているので、体への負担も少ないため普段用。


半幅帯

半幅帯

浴衣などカジュアルな着方に向いた、全てが袋帯の半分の幅で作られている帯


兵児帯(へこおび)・細帯

兵児帯

細帯

兵児帯(へこおび)は子ども用の普段着・浴衣用帯。細帯は男性用で、幅10センチ程度の帯

帯を売る場合、どこへ持って行くのが良いのか

帯小物

使わなくなってしまった帯は重く、場所も取ってしまうので、保管に気を使いますよね。帯だけでも買い取ってくれるお店はあるのでしょうか?


フリマ・オークションアプリ

気軽に売りに出せますし、出品数も多いのが見て分かると思います。

自分で写真を撮ったり、コメントを書いたり、発送したり、という手間はありますが、自分のタイミングでできるのが強みです。ただ、個人間の取引になるのでトラブルが起こる可能性もあり、また落札されない限りはずっと手元に残ったままになってしまうというデメリットもあります。


リサイクルショップ

着物を扱っているリサイクルショップの場合、状態が良ければという前提ではありますが、帯だけでも買い取ってくれることもあるようですが、大抵の場合は10着いくら、といった二束三文の結果になるようです。

また、帯の知識がしっかりと買取金額に反映されているか、と言われると厳しいところです。


着物買取専門店

着物を専門に買い取ってくれているということもあり、帯単品でも応じてくれ、また少ない点数でも出張買取に応じてくれます。

宅配買取を行っているお店もありますので、自宅で段ボールに梱包(こんぽう)しインターネットから申し込むだけ、という手軽さが人気です。

帯は種類が着物より少ないとはいえ、人の目に触れる部分に使われることから技術の結集した作品が多く存在しています。より専門的な知識が求められるので、着物買取専門店であれば、査定の実績はもちろん、帯の知識を持った上での買取金額を提示してもらえるので、安心です。

また、帯だけはなく、帯締め・帯揚げ・帯留めなどの和装小物も一緒に取り扱ってくれるお店もあるので、まとめて査定してもらうと便利

まとめ

帯は種類が多くはないものの、さまざまな技術が結集し作られているものです。

帯の種類、染め・織り、作家ものなのか、織元(製造元)はどこなのか、など多くの査定要素を踏まえ、丁寧に査定し、正しい価値を見てもらえることを踏まえると、帯の買取をお願いするには、着物買取専門店がおすすめと言えますね。