正絹(しょうけん)の着物の買取相場と特徴

正絹の布

正絹(しょうけん)の着物とはシルク(絹)100%で作られた着物をさします。

最近では自宅で洗濯ができるポリエステルの着物なども増えましたが、フォーマルな場に相応しいのは正絹の着物でしょう。

では、正絹の着物とはどのような特徴がある着物なのか、また、着る機会を逸してしまった、譲り受けたけどサイズが合わないなどの理由で手放すことを考えている着物を、どこに買い取ってもらうべきなのか、買取相場はいくらなのか、まとめてみました。

正絹の着物とは?

正絹の織り物と刺繍

着物の素材では正絹以外にも、浴衣などに見られる木綿や麻、その他ウールやポリエステルなどがあります。

絹といえば滑らかでさらさらとした肌触りと、艶やかな光沢を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、紬の着物のように織糸の肌触りがしっかり残っているものも着物にはあります。

正絹の着物は木綿や麻のものと比べ格が高いとされていますが、長所も短所もあります。この長所・短所はそのまま買取相場にも関わってきますので、下記に説明させていただきます。

正絹の着物の買取相場は?


買取相場は1,000~10,000円

一般的な留袖、色留袖、振袖、訪問着などの買取の相場は1,000円~10,000円ですが、あくまでも相場なので、お持ちの着物が実は価値のあるもので、高値が付いたり、鑑定士さんによって思いのほか高額で買取ってもらえることもあります。

特に人間国宝の作品や伝統工芸品の着物などは希少で高額査定が期待できますので、証紙など本物である証明と共に査定をお願いしましょう


正絹の長所

正絹の着物‗絵羽模様

正絹である最大のメリットと言うべき触り心地や通気性、着心地が良いため、格の高い訪問着や振袖などフォーマルな着物は正絹の方がより高額査定が期待できます。

また、高級感があり、光沢も他の素材とは一線を画しているため、帯にしろ着物にしろ重宝されるのも事実です。元々の価格が正絹の方が高いので、必然的に買取額も増えると考えて良いでしょう。


正絹の短所

短所としてはやはり絹であるがゆえに、自宅で気軽に洗濯ができないことです。紫外線でも黄ばみが出ることがあるので、良い状態で保管するのも手間がかかり、クリーニングに出すにも着物を取り扱ってくれるか確認する必要があります。

シミやシワを完全に無くす方法として、丸洗いといって縫製を全て解いて反物の状態にしてから洗うという手法がありますが、再度縫製し仕立てるまでが工程になるので、もちろん金額も高額になってしまい、現実的とは言えません。

遠目にはポリエステルの着物も正絹の着物も区別がつきにくい事もあり、ポリエステルの着物を選ぶ方が増えてきているのも、こういった事情があるからかもしれませんね。

しかし、触り心地や着心地はやはり正絹に勝てません。

正絹の着物を売る場合、どこへ持って行くのが良いのか

実際に買い取ってもらう場合、いくつかの選択肢があります。

それぞれメリットやデメリットがありますので、自分にあった方法を見つけてください。


フリマ・オークションアプリで売る

自分で着物の写真を撮影し、アプリなどを介してインターネット上で売る方法です。

しかし撮影、商品情報の記入、購入者とのやりとり、発送まで、すべてを自分で行う必要があります。また、シミやほつれなどを見逃したまま出品すると、あとからクレームが入るなど、トラブルの原因にもなってしまいます。

さらに、着物に関するある程度の知識も必要になると言えるでしょう。

ヤフオクやメルカリで出品する場合は、しっかりその着物をチェックし、万全な状態で出品しなければなりません。出品してからも、購入希望者が現れるまでお金に変えることができないので、すぐにお金がほしいという方には不向きな方法と言えるでしょう。


リサイクルショップ・着物販売店で売る

洋服を始めとし、様々な雑貨や家具・家電など総合的に買取してくれるリサイクルショップの中にも、着物の買取をしてくれるリサイクルショップがあります。

着物の買取をしてくれるリサイクルショップに持っていけば、売却は可能ではあります。ただし、持ち込む前に、手持ちの着物が買取対象かどうか確認しておく必要がありそうですね。


着物買取専門店で売る

上記の方法以外で、特におすすめなのがネットの着物買取専門店です。宅配買取や出張買取をしてもらうことで、自宅にいながらにして着物を買い取ってもらうことができます。

自分のタイミングで買取の準備を進めることができ、さらにすぐにお金にも換えてもらえます。なかなか店舗まで行く時間がない、まとめて着物を引き取ってほしいという方にもおすすめですね。

着物を買取対象としている業者、実際の買取実績を掲載している業者、手数料がかからない業者を選んで査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

着物の保存状態はもちろんのことですが、その産地、人気の柄、サイズが大きめなのかどうか、など細かい条件にも左右されながら着物の買取価格が決まります。

実際にその着物を見てみないと、査定価格が出ない事も多く、価値の分かりづらい着物類は特に専門の方の鑑識眼にかかっていると言っても過言ではありません。

着物の買取相場というものはリサイクルショップのように10着で〇〇円、といった二束三文の話ではなく、実は人気の品だったりする可能性もあるので、着物の専門家である着物買取専門店に査定してもらった方が、実は高額で売れるという事が往々にしてあります。

着物を売る際には必ず、着物買取専門店で査定してもらうのがおすすめです。